FC2ブログ

権丈善一『ちょっと気になる社会保障』。

権丈著書

 私が信頼している少数のブログで、取り上げられる時には必ず好意的に紹介される権丈善一先生の本です。
 権丈先生の本は高いんですよね。
 今回も、ほぼ同時期にこの本とは別に2冊発売されたんですが、どちらも5千円近くするので、ちょっと手が出ません。

 もっとも、権丈先生の場合、御自身のHPでの発言やそのHPにUPされている「勿凝学問」を読むことで、考えを知ることはできます。
 ただ、その時々の社会の流れに応じて発表されるので、系統だったものではありませんでした。

 そうしたこれまでの権丈先生の考えをまとまった形で知ることができるのがこの『ちょっと気になる社会保障』です。
 しかも先生の著書としては税込2000円弱という破格の安さ。これはもう買うしかありません。

 内容は、これまで「勿凝学問」などで権丈先生が繰り返し述べてこられたことなので既に知っていることがほとんどでしたが、それがわかりやすくまとめられているというのが私にとっては一番のメリットでした。

 権丈先生の考えは奇をてらったところが無く、当たり前の話を積み上げて結論を導き出しているところに誠実さを感じます。
 この本の「おわりに」の中で、先生もメンバーだった『社会保障制度改革国民会議』の報告書の中の文章が紹介されています。

 年金制度や高齢者医療制度、介護保険制度を念頭に、「世代間の不公平」を指摘する意見がある。すなわち、「親の世代は、少ない負担で多額の給付がもらえたが、若い世代は負担に比べてもらえる給付が少ない」という世代間の損得論の主張である。
 しかし、年金制度や高齢者医療制度、介護保険制度は、子どもが老親を扶養するという指摘不要を社会化したものであることに十分留意が必要である。例えば、年金制度が十分に成熟する以前の世代は、親の私的扶養もしながら、自らの保険料を納めてきたのであり、公的年金の給付と負担だけをみて損得論を議論するのは不適切である。


 3世代同居の家に生まれ、今も3世代同居の家で暮らしている私には、きわめて妥当な考え方だと思われますが、こういうことを報告書で改めて強調しなければいけないほど、生活感を伴わない言説が溢れているということなんでしょうね。

 本文の中で特に詳しい説明が必要な点については、巻末に「知識補給」というコーナーを設け、「100年安心バカ」や「世銀と年金とワシントン・コンセンサス」といった13のコラムの形で補足説明がされています。これが理解を助けるうえで非常に役立っていると思うんですが、出来れば、本文に「知識補給」へジャンプするよう指示してある箇所に、該当コラムのあるページを併せて載せてあれば便利なのに、と思いました。

 最後に、重箱の隅をつつくようで気が引けるんですが、32ページに「省雪パイプ」とあるのは「消雪パイプ」の間違いでしょう。私のように毎年雪の降る地域に住んでいる人間には自明のことですが、福岡出身の権丈先生を始め、出版社の方も雪の降らない地域出身の方だったので校正の際に見過ごしたんだろうと思います。
 

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

円城寺雄介『県庁そろそろクビですか?』。

県庁クビ?

 佐賀県内の全救急車両にiPadを配備して病院とのネットワークを構築し、全国で初めて救急搬送時間短縮を成功させたという県職員の著書です。
 読んでみて、やっぱり行動力というのが大事だな、と思いました。

 この中に書かれている事と同じ事を思ったことのある公務員は、結構いると思います。でも、結果的にそれを実現させられるかどうかは行動力の有無でしょう。
 もっとも、「行動力」のひと言で片付けるのは曖昧すぎるかもしれません。

 強いて言えば、何処から手をつけていいのかわからないような大きなタスクは、実行可能な小さなサイズに小分けしてひとつずつ片付けていくことで、最終的に大きなタスクを実現してしまう手法ということになるでしょうか。

 もちろん、その小分けしたタスクを片付けている途中のどこかで「飛ぶ」必要はあります。それがちょっとした勇気なんでしょうが、この著者の場合でいうと、佐賀大学医学部の救命救急センター所長だった阪本教授に依頼に行くあたりでしょうか。

 少し話は逸れますが、この本のアマゾンカスタマーレビューには、これを書いている時点で3つのレビューが載っています。内訳は☆5つが二人に☆2つが一人なんですが、☆2つの人のレビューにこんなことが書かれていました。

 「単に無知で調整下手の公務員が勢いで無茶ぶりをやってのけたというのが正直な感想。同僚にこういうのが来られたらたまったもんじゃない…(中略)…周辺との根回しや調整は改善の余地が大有りじゃなかろうか?」

 この本の内容程度で「こういうのが来られたらたまったもんじゃない」と言うのは、随分余裕の無い人だなという気がしますが、周辺との根回しや調整は私も大事だと思います。
 しかし、それを積み重ねていけば大きなタスクが実現できるかというと、必ずしもそうではないですね。何処かの段階で思い切って「飛び越える」必要があります。

 役所の人って(私も役所の人ですが)、定められた手続きを大事に守りながら話を進めますが、それで安心してしまうことがあります。
 昔からよく言われるのは、役所は色々な計画は立てるけど、立てただけで安心してしまい、実効性には気を配らないことですね。そうやって、何処の段階でも「飛び越えず」に終わってしまうことも多い中、実際に「飛び越えてみた」人の体験談として、参考になる内容だと思いました。

 ただ、この本は、あくまで一般の公務員自身が、本の内容に触発されて自発的に「自分もやってみよう」と意識を前向きに持っていくためのもので、間違っても、役所の偉い人とか議員さんとか役所の外の住民の方が、この本を持ち出して一般の公務員に「お前らもこんな公務員になれ!」と言うような使い方をするべきものではないですね。
「深夜2時3時に庁舎に一人残って仕事をする」とか「やりたいことや勉強会はアフターファイブに」などというのは、強要されるべきものではないでしょう。

 あと、著者が繰り返し強調している現場主義の大切さについて、私自身が気になっていることがあります。
 もともと、私のような市町村の職員はこの著者のような県職員以上に住民に直接対応することが多いので、必然的に現場主義にならざるを得ないんですが、職員数削減によるアウトソーシング化が進んだ結果、市町村職員なのに机上でパソコン叩いているだけで「十分仕事をやってるんだよ」感を漂わせている若い職員が見受けられるのが、ちょっとどうかと思う時があります。

 委託業者からの報告書だけでなく、たまには現場へ行ってその目に見てみればわかることもあるだろうに、と思うんですが、事務の効率化という御題目の前では、化石化していく考えなのかもしれません。

 以上、雑多な感想を書き並べました。
 他にも、「物事がどんな根拠で成り立っているか、法律や社会の仕組みを覚えて行動する事は必要だが、それを深く掘り下げすぎると身動きができなくなる」という文には、規則遵守に拘るあまり自家中毒気味になってにっちもさっちも行かなくなっている多くの職員の姿が浮かんできて、納得していました。

 とにかく、公務員自身がこれを己の発奮材料にするには良い本です。
 ただ、見習うのは著者の考え方であって、くれぐれも、深夜の2時3時まで庁舎に残って仕事をするなんていうのは、真似しないほうがいいですね。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

福田ますみ著『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相』を読んで(4)

 福田ますみ著『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相』に関する4回目ですが、裁判に関する主な点については、前回までで書き終えたつもりです。
 なので、補足的な事を少し書いて最終回にしたいと思います。

 当初考えていたより随分長くなってしまいましたが、結局、福田ますみさんの著書の感想というより、その回りのモヤモヤした考えの人たちについて書いた内容になってしまいました。

 大体、『でっち上げで見にくい言い訳:福岡児童虐待教師』のサイト主催者が主張の根拠としている当該児童と両親の供述については、判決文の中で、何度も「信用し難い」と述べられています。裁判官が見ても、アテにならない話だと思ったんでしょう。

 また、裁判では争われませんでしたが、当該児童の親族の聞き込みを行った結果、児童にアメリカ人の血が入っているという話自体に疑わしい点があると、この本の著者は述べています。

 そのような曖昧なものに強く依存して、自分の思い込みを主張しているだけのサイトなのに、そちらの方を信じて、アマゾンのカスタマーレビューに読後感を投稿してしまう人がいるところに、知力の劣化傾向のようなものを感じます。

 最後に、個人的な話を少しさせていただきますと、この事件が起きた頃、私は保育所入所の担当業務に就いていました。
 そこでは様々な保護者と接する機会がありましたが、この事件の保護者のように、その怒りの理由がよくわからない保護者と対応したことが何回かありました。
 電話越しに伝わってくる相手の異常な怒り方の気味悪さに、しばらく電話に出られなくなったこともありました。

 この本を読みながら当時の事を思い出し、何故この児童の保護者がこういう訴えをしたのかはわからないけど、こういう保護者がいること自体は有り得る話だと思いました。

 なお、『でっち上げで見にくい言い訳:福岡児童虐待教師』のサイト主催者は、最後のほうでこう書いています。

  当サイトとしては、『でっちあげ-』は少し斜め読みしただけで「中身に重大な矛盾があり、稚拙な嘘であることは明らか」と判断し、また周辺の資料や情報を 調べなおしているうちに「『でっちあげ』の内容は嘘」という確信だけがふくらんだ。しかし一般的には、『でっちあげ-』の内容に信憑性があると主張する者 も多く現れた。そういう人を生んだ背景についても、事件そのものとは別の問題として検討の余地がある。


 「斜め読みしただけで書いたんかい!」と思わずツッコミを入れそうになりましたが、それだけで「中身に重大な矛盾があり、稚拙な嘘であることは明らか」だと判断し、周辺資料と情報を調べて、この本の内容がウソだという確信が膨らんだ、そうです。
 周辺資料や情報を調べる前に、この本を斜め読みではなく「熟読」することが批判する上での最低限のルールだと思いますが、そんな事が理解できる人ではないでしょうね。

 以上で、4回にわたって続けてきた福田ますみ著『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相』の感想文(といっても、本の感想はあまり書いていませんが)を終わります。

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

福田ますみ著『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相』を読んで(3)

 福田ますみ著『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相』に関する3回目です。

 前回、この本と裁判の判決について、当該児童側の立場に立ち、教師に対して批判の立場から主張を展開している方のサイトを紹介しました。

    <でっち上げで見にくい言い訳:福岡児童虐待教師>

 そして、このサイトに書かれている内容の信用できない点を幾つか指摘しました。
 しかし、判決文ではどのような判断が記されているのか、実際に読んでいただいたほうがいいと思い、その全文のリンクを下に貼っておきます。
 なお、これは控訴審となった高裁の判決文で、裁判はこれで確定しました。

    <福岡高裁判決文>

 細かい内容ですので、争点ごとに下された判断の結論を以下で簡潔に紹介しておきます。
まず、「いじめ行為の有無及びその内容」についてですが、この連載の1回目で示した児童側の主張内容に対する判断が下記のように述べられています。

 なお、「認定」「否定」「一部認定」とあるのは、わかりやすくするために私が付けたものです。 また、文中で「争いがない」とあるのは、認定するということです。

1.家庭訪問中の差別的発言について
(否定)適当なものではなかったとしても、差別的発言として直ちに不法行為を構成するような違法なものとは認めがたい。

2.10カウント等の暴力について
(一部認定)何回か行われたことについては争いがないが、怪我をするほど強い力でほぼ毎日行われていたとは認められない。

3.監視が付いてからの暴行について
(認定)立ち会いの教師交代時に叩いたことについては争いがない。

4.授業中等における侮辱的発言及びゲームの際のいじめ行為について
(一部認定)アメリカ人を侮辱する趣旨の発言をしたこと、ゲーム中に「アメリカ人」、「髪が赤い」などと述べたことについては争いがないが、「キリストはでたらめを言い、楽ばかりしたから最後は貼り付けにされた。お前も苦しめ」等の発言については、裏づけとなる母親の証言が全般的に信用性に疑問があり、信用し難い。

5.ランドセル及び所持品を捨てる行為について
(一部認定)ランドセルをゴミ箱上に置いたことについては争いがない。当該児童の前でランドセルをゴミ箱(の中)に捨てた点は信用できる。所持品をゴミ箱の中に入れたことについては、母親の供述は全般的に信用性に疑問の点が多いことなどから、信用しがたい。

6.算数の授業のグループ分けの際の差別的発言について
(否定)不当に差別的争いをしたとは認められない。

7.自殺の強要について
(否定)自殺を強要したことは認められない。

8.車両の路上駐車について
(否定)控訴人宅付近の駐車場に駐車したことを認めるに足りる証拠はない。

9.架空の事実のでっち上げについて
(否定)教師の述べた当該児童の他当該児童への暴行が架空であったとしても、直ちに不法行為を構成するとは認めがたい。


 以上の中で認定されてものについて不法行為を構成すると認められました。

 次に2番目の争点になった「当該児童がPTSDに罹患したか」についてですが、これは次の3項目に分けて判断が示されています。

1.当該児童の症状について
(否定)CAPS検査の際、母親が同伴して当該児童に代わり発言していたこと、両親の供述が信用し難いことなどから、当該児童に主張どおりの症状があったとは認められない。(当該児童に控訴人らが主張するとおりの症状があったとは認められない)

2.E医師のPTSD判断について
(否定)診断の前提事実が事実と大きく乖離していることになり信用し難いといわざるを得ない。

3.当該児童の症状についてPTSDへの罹患の有無
(否定)本件不当行為によりPTSDに罹患したとは認められない。


 賠償に関する判断に就いては省略しますが、不法行為を構成すると認められた分について、市に対し「330万円を支払え」という結論になっています。

 この判決文を御覧になった方が、この事件についてどう判断されるかわかりませんが、私は『でっち上げで見にくい言い訳:福岡児童虐待教師』というサイトの主催者の主張がいい加減なものだと判断しています。

 確かに市に対し330万円を支払うようにという命令が出ましたが、児童側の主な主張はことごとく退けられたといっていいと思います。

 さて、3回にわたって続けてきましたが、主な点については書き終えたと思っています。
 あと少し、補足的なことを書きたいと思いますが、今回も長くなってしまったので、続きは次回にします。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

福田ますみ著『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相』を読んで(2)

 休憩を取ったので再開します。 
 福田ますみ著『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相』に関する続きです。

 この本を読んだ後、アマゾンのカスタマーレビューを見てみました。私は面白いと思った内容を他の人はどう感じたか知りたかったんですが、すると、低い評価で内容に批判的な意見が幾つかありました。
また、それに対して、特に「懸垂百回」といいHNの方が熱心に反論コメントを投稿していました。

    <吉田さんのレビューとそれに対する反論等>

    <ゆかさんのレビューとそれに対する反論等>

 これらの批判的なレビューを読んでみると、他で得た情報を元にこのレビューを書いているように感じました。
 そこで、ネットで調べてみたら、案の定、これら批判的レビューの元ネタになったようなサイトがありました。

    <でっち上げで見にくい言い訳:福岡児童虐待教師>

 文章は長いんですが、ザーッと見た感じ、本の内容に具体的に触れて批判している部分は全体の20%弱で、あとの8割強は根拠不明の中傷じみた文言が並んでいます。

 そのわずかな具体的批判の部分を見てみると、実際にこの教師は次のようなことを行ったと書かれていました。

・「汚れた血を恨め」と言いながら当該児童に暴行を加えた。
・「今すぐ死ね」などの自殺強要を行った。
・児童のランドセルをゴミ箱に捨てるなどの嫌がらせを繰り返した。
・他の保護者に対し、ウソを吹き込んで自己正当化を図った。
・当該児童親子へのストーキング行為を行った。

 そして、裁判の結果、当該教師の蛮行についての基本的な内容は事実と認定されたとしています。

 ただ、暴行とPTSDとの因果関係は認められなかったことについては、児童がPTSDを発症したことは事実であり、裁判では因果関係が認められなかっただけで、普通に考えると教師の行為がPTSDを発症させたのは明らかだが、現在の日本の裁判制度上はこの手の被害の因果関係を認めにくい傾向がある、としています。

 具体的な批判はこれくらいで、あとは「この教師の主張はすべて事実に反する妄想・でたらめ・うそで、しかも被害者に対して自分の無法行為を投影しているだけにすぎない」とか、「この教師がウソをついていることは自明である」とか、この本は「感情的になって荒唐無稽な妄想をふくらませているだけに過ぎない」とか、根拠を示さない思い込みのような意見が述べられているだけです。

 で、この本とサイトの両方を見た私の感想ですが、本で述べられている教師の態度について、確かに腑に落ちない点はあります。
 判断を下すのが難しいことについて、教師の視点から解釈している点が幾つかあることです。
 そうした箇所は、どうしても教師の言い訳としか受け取れません。そういう意味で、この本は最初から教師側の立場で書かれているという指摘は当たっているかもしれません。

 しかし、そうだとしても、このサイトのデタラメさに比べれば、本に書かれていることのほうがはるかに信用できると思いました。

 なぜデタラメか?

 先ほど紹介した、このサイトで教師が行ったとされている事柄については、判決で基本的な内容が事実だと認定されたようなことはありません。
 この点について、サイト主催者は明らかにウソをついています。

 また、PTSDについて、裁判では教師の暴行との因果関係が認められなかったが、普通に考えれば、教師の行為がPTSDを発症させたことは明らかだと述べていますが、判決では、当該児童にPTSDが発症したことさえ認められていません。発症自体なかったのだから、当然、教師の行為によってPTSDが発症したと言えるわけがありません。
 まして「現在の日本の裁判制度上はこの手の被害の因果関係を認めにくい傾向がある」というのは、ブログ主催者の妄想以外の何物でもありません。

 こうした争点について、判決ではどういう判断を示されたか、実際に見てみたほうが、私の「このブログ主催者の言うことはデタラメです」という意見より、客観的に判断していただけると思います。

 ですが、今回も長くなってしまったので、ここで休憩を入れ、続きは次回。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村
プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード