FC2ブログ

市長選とマニフェストについて。

 新聞に4月に各地で行われた市長選挙の記事が載っていました。
 無投票当選を除くと、現職市長の成績は22勝17敗だったそうです。
 通常、現職は知名度などで有利と言われますが、この成績を見ると、そうした「神話」も崩れかけているようです。

 私の市では、これまで現職市長が選挙で敗れたことはありません。
 その意味では、非常に保守的だと思いますが、これが隣の市となると事情が異なります。
 とにかく現職が勝てません。
 せいぜい2期目がやれれば良いほうで、3期目には確実に新人候補に敗れています。

 ウチの市民から見れば「隣の市は選挙好き」ということになるようです。
 自分の所のことではないので、詳しいことはわかりませんが、大きく2つに分かれている勢力があるのかもしれません。
 
 いずれにしても、市長が変わるというのは市の職員にとって大変なことです。
 最近はどの候補者もマニフェストを掲げた選挙戦になっているので、当選した市長さんは、まず自分のマニフェストの実現を目指しますが、これが迷惑な話です。

 「マニフェスト」については話が長くなるので、機会を改めて取り上げたいと思いますが、簡単に私の考えを述べておくと、幾つかの市政の重要課題について候補者が自分の考えを掲げ、その是非を有権者に問うようなものなら良いのですが、現状は、多くの項目を網羅した八方美人的なマニフェストを掲げる候補者が多いように思います。
 内容も、どこかで聞きかじったようなものばかりで、本当に市政のことを考えているのか疑問に感じます。
 そんなもののために職員を振り回すぐらいなら、本来の業務に集中させてほしいと思います。
 
 無条件にマニフェストを重要視する風潮を改め、その中身を検証しながら、本来マニフェストが持っていた理念をもう一度思い返す時期になっているのではないかと思います。

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード