FC2ブログ

NHKドラマ『再生の町』。

 NHKで5回に渡って放送されていたドラマ『再生の町』が、昨日終了しました。
 このドラマは、財政危機に陥った市で、「財政再建プロジェクトチーム」のメンバーとして市の再生に取り組む職員の姿を描いたものです。

 予算の一律15%削減に伴い市民サービスの低下が予想される中、ニュータウン計画という開発事業だけは予定通り進めるべきか否か。
 ドラマでは、この開発事業を推進している市議会議長が、この事業に関連して収賄を行っていたこともあり、ニュータウン計画に対して否定的な流れで話が進んでいきます。
 前回の八ッ場ダムに関するエントリーで、「公共工事というと悪徳政治家と土建業者が結託してという負のイメージが付いて回る」と書きましたが、まさにそういう政治家が登場してくるというわけです。

 ただ、実際の問題として考えた時に、こうした開発計画が無駄なものかというと、一概には言えないと思います。
 ドラマの中の「ニュータウン計画」のように、人口の新規流入が見込める居住環境を開発・整備することは、財政不足に悩む地方都市にとって魅力的な計画であることは間違いありません。

 当然、そこでは開発にかかる費用と将来見込める税収とを比較したうえでの判断が求められますが、ドラマでは推進派の議長の汚職という負のイメージを開発事業に付加したために、本来なされるだろう判断へのプロセスとそこに至るまでの苦悩が十分に描かれなかったのは少し残念でした。

 夕張市の財政破綻以降、自治体の市町村の財政状況に向けられる住民の目は厳しくなっています。 
 先日も、地方自治体財政健全化法の本格施行に伴って今年度末までに財政健全化計画の策定が義務づけられる「早期健全化団体」に12道府県の21市町村が指定されることが報道されましたが、これらの市町村以外にも将来の財政状況に何らかの不安を抱いている自治体は多いと思います。

 事業の「選択と集中」を徹底することが更に求められるでしょうが、何を選択して何に集中するかは、イコール何を切り捨てるかということです。
 きっと、多くの自治体では、ドラマのような悪役が登場しない舞台で、苦しい判断を迫られていくことになるでしょうね。 


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード