FC2ブログ

歓迎された異動。

 来週からは3月。
 また議会が始まります。
 そして、それが終われば異動の季節。
 内示が発表されるまで落ち着かない毎日を過ごす人も多いと思います。
 私は異動が無いと部長から言われたので、まあ無いでしょう。
 多少のガッカリ感はありますが、逆に落ち着いた気分で仕事に取り組めます。

 そういえば、初めて異動した時は変な気分でした。
 私は最初の職場に7年いたんですが、平均4~5年で異動する中では少し長めの在籍期間。
 そのせいか、異動の発表があった時は、慣れた場所から離れるという不安が大きかったですね。

 異動というのは全庁的に一斉に行われますから、一種の年中行事です。
 一応、事前に異動希望というのを提出しますが、全員の希望を聞いていたら異動なんてできませんから、ほとんどの場合、こっちが行きたいと思って行くわけでもなければ、向こうが来てほしいと思っているわけでもない所へ異動することになります。
 しかし、私は今まで異動した中で、二回だけ異動先で「待ってました」と歓迎されたことがあります。

 一回は、私が行くまで男性職員が一人だけだった職場。
 その唯一の男性職員に「やっと仲間が来てくれた」と歓迎されました。
 仲間といっても「男性」というだけなんですけどね。

 もう一回は、私の前任者および同時に異動になった課長の2人が、課内の雰囲気を悪くしていた職場でした。
 その2人と他の課員がちょっとした対立関係にまでなっていて、それが2人の異動の理由だったようですが、その2人に替わって行くことになった新しい課長と私は、異動の挨拶に行った時に課員全員から「お待ちしてました」と言われ歓迎されました。

 こんな経験が2回もあるのは多いほうかもしれません。
 逆に、行った先の課長から嫌がられたこともありましたが、それはまた改めて。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード