FC2ブログ

イクメンの育休発言の意味。

 広島県の湯崎知事が記者会見で、第三子が誕生したら1ヵ月間、子どもの送り迎えなどで時間単位の休暇を取っていきたい、と発言したことに対し、大阪府の橋下知事が「休みたくても休めないのが現状。首長は最後に育休を取るべきだ」と批判、女性である北海道の高橋知事も「知事には24時間、道民の生命安全を守る責務があり、そもそも育休、休暇という概念はない」と疑問を呈した…というニュースを読みました。

 正直「ん?」という感じ。
 もちろん、橋下知事と高橋知事の発言に対してです。

 そうしたら、京都府の山田知事が「(育休取得の)PRとしてやっていることに、目くじらをたててかみつく必要はない」と述べたというニュースを聞き安心しました。
 わかってる人はわかってるんですね。

 首長が休めないのは当たり前です。
 そこを、あえて自ら「育休取得」を口にすることで、部下の育休取得を促進させる意味があるのは、少し考えればわかると思うんですが、気持ちに余裕がないのか単に視野が狭いのか、脊髄反射的な反応の知事さんがいたことは、ちょっとビックリでした。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード