FC2ブログ

自分の手足で稼ぐこと

 ちょっと前の『地方公務員拾遺物語 別館』様に、HN「公務員は恥」という方からこんなコメントが投稿されていました。

   「乞食公務員が恥ずかしいブログを書いてます。自分の創造、手足で、
    千円でも稼いだことあります?人事院が、給与規定が、手当てが、
    退職金規定が、法律が 民間企業給与がどうあれ乞食公務員は権利
    の主張。ここに年間契約派遣業から人材を送り込めば、経費は10
    ~20分の1になるだろう。」

 エントリー自体は「TVタックル」を批判するものでしたが、その内容とは全く関係ない公務員批判のコメントです。
 これに対して何人かの方から反論が寄せられました。

 その中で、このコメントの「自分の創造、手足で、千円でも稼いだことあります?」の部分への反論としては、「全ての道路を有料道路にしようか、生活保護に手数料を取ろうか」とネタを承知の提案(?)があったり、「事務職だけが公務員じゃない。公的研究機関で開発されて世に出た新技術、農産物等は多い。」と真面目な意見があったりでしたが、こうした反論を読んで「ん?」と思いました。

 もし、私が「公務員の仕事として、自分の手足で、千円でも稼いだことがあるか?」と聞かれたら、即座に「イエス」と答えます。
 税務課で5年間、固定資産税の家屋評価を担当していた時に、評価額にして一年に約3億円、税額で420万円、5年間分で約2千百万円の税金を市の収入にしました。
 これは毎年税収として入ってきますから、今までで結構な金額になっています。(評価替えで下がってはいますが) 

 家屋の評価で「創造」はしませんが、「自分の手足」はしっかり使います。
 家屋の構造とか各部屋に使われている材質とか、キッチリ調べて評価額を算出します。
 また、担当地区を何度も回って課税漏れ物件を見つけ、税収増に繋げます。(住民からは嫌がられますが…)
 
 こうした経験のある私には、公務員批判をしている人だけでなく、それに反論をしている公務員擁護派の人たちも、税金は黙っていても入ってくるものだと思っているように見えました。
 でなければ、あの無礼なコメントに対し真っ先に主張すべき反論は、税金の賦課・徴収だと思うのですが…。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村
プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード