FC2ブログ

方法としての現場。

 今日の昼休みは電話番だったので、合間に幾つかのサイトを見ていたら、何という事でしょう。
 hamachanブログで、マシナリさんのブログ関連で私の昨日の記事が取り上げられているではありませんか。(コチラ参照)

 特に、濱口先生の次の言葉が身にしみました。

      こういうことで、上記エントリの「本質的には詰まらぬことども」ばかりに
      注目が集まるのもいかがなものかと思いますが。

 私、即座に反省しまして、マシナリさんがブログで紹介しておられた石井光太さんの『遺体-震災、津波の果てに』を本屋で買って帰りました。。
 今、3分の2ぐらい読んだところです。もう遅いので残りは明日読むつもりですが、それにしても、これは、この本は、う~ん…。

 内容的にはこの本と何の関連性もない単なる言葉としてのイメージからだけですが、大昔に読んだ北沢恒彦さんの本のタイトルを思い出したので、それを今日のブログ記事のタイトルにしておきます。
 
 
にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード