FC2ブログ

応援派遣の職員の自殺。

 先週のニュースですが、記事の内容自体はもっと前の7月下旬に起きた話です。
 そのうち『machineryの日々』のマシナリさんが取り上げるかもしれません。

     <陸前高田に応援派遣の盛岡市職員が自殺>

 私はマシナリさんのように現地状況には精通していないので、記事を見ただけの感想しか書けませんが、「役に立てず申し訳ない」という趣旨の遺書を残していたというのが居たたまれないですね。
 盛岡から陸前高田という同県内の派遣なので、家族や友人から離れている孤独感といった問題ではなく現地での復旧の進展についての責任感からの自殺というのは間違いないんでしょうね。
 希望して被災地へ行ったということですから、そうした責任について重く受け止めてしまったということだろうと思います。

 私は、復旧の進展状況についてどうこう言える立場ではありませんが、その進み具合については様々な要因が絡まっていると思っています。
 でも、これはマシナリさんのブログを参照しての話になりますが、その辺りの理解が足りない方たちがいるのも事実で、そういう方たちの意見を直にぶつけられたりすると、精神的にキツイだろうなぁと思います。

 震災直後、凄惨な現場で復旧救出作業を行なっていた自衛隊や警察、消防の職員のメンタルケアが問題になりました。
 当時、ウチの市からも消防職員が派遣されていましたが、こちらに戻ってきてからのメンタル面のケアについて議会で取り上げられたこともありました。

 しかし、現在、ウチの市から被災自治体(陸前高田ではありません)に派遣している土木技師のメンタル面について、作業環境が昨年の消防職員とは違うことから、人事課はあまり考慮していなかったと思います。
でも、今回の事件が、そうしたケア体制を見直すきっかけになるかもしれません。

【追記】
 やはりマシナリさんがブログでこの話題を取り上げられました。

    <「絶対最強の公務員」なんているはずがない>

 拝見すると、この話題について『非国民通信』というブログでも取り上げられていたようで、そちらへのリンクも貼っておきます。

    <役に立っていると実感するのは難しい>

 また、上記のマシナリさんのエントリーにコメントを寄せておられるhahnela03のブログへのリンクも貼っておきます。

    <hahnela03の日記>

 hahnela03さんのブログについては、これまで何度か紹介しましたが、ブログ内で「津波被災の記録」というテーマを連載のように取り上げていて、今これを書いている時点で、その連載は76回になります。
 私自身は被災地から遠く離れた所に住んでいる人間で現地の状況もよくわからないため、震災の事は取り上げても迂闊な発言は控えようと思ってきました。
 ただ、現地の状況がわからないながらも、『hahnela03の日記』の「津波被災の記録」というシリーズを通して読むことで現地の空気感のようなものを感じられたように思います。
 もちろん、それは現地に流れる多くの空気のひとつであり、それで現地の全てを知ったつもりになるような勘違いだけはしないでおこうと自戒していますが、現地の状況に思いを馳せることなく、自分の考えを振りまいている方々には、是非この『hahnela03の日記』の「津波被災の記録」というシリーズをじっくり読んでほしいと思います。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村
プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード