FC2ブログ

倍返しされたのは…。


 「あまちゃん」にかまけて話題にするのを忘れていたのが先週終わった「半沢直樹」です。
 実はこの一週間、日本全国あちこちの職場でやたらと上司に楯突く人間が増えたという話がネットや雑誌に載らないかとじっと見ていたんですが、そういう話はあまり出回っていないようです。
 自分に理が無くても上司に不満を抱いている人は多いですから、そういう人たちの中からドラマに煽られてつい…という人が出てきてもおかしくないと思ったんですが、主人公が最後に出向になっちゃったから、不満分子たちのテンションが下がってしまったのかもしれません。

 しかし、中にはかっての部下から手痛い倍返し(?)を受けた人もいるわけで、自分の部下だった男を全面的に支援して市長に当選させたのに、その男がこちらの一丁目一番地の政策に急に反対するようになった大阪市の橋下市長もそのひとりでしょう。

 大阪の堺市長選が今日行われ、竹山市長が維新の会が推す候補者を破り再選されました。
 結果が出た後の記者会見で橋下さんは、自分への批判や反発などを大きな理由として挙げ、それらの後に市長選の焦点と言われていた大阪都構想への反対が一番の理由ではないように話を進めていましたが、私は堺という街の歴史が都構想への大きな批判の要因になったではないかと思います。

 個人的には、維新の会の支援を背景に当選しておきながら、急にその主要施策に反対するようになるという竹山市長の変わり身の早さは、正直好きではありませんが、それだけ強い堺市民の意志を感じての変わり身だったということかもしれません。

 橋下さんが最初に都構想を打ち出した時、広域自治体への期待から一時停滞していた道州制論議も活発になりましたが、個々の自治体を活かした形での広域化でなければ住民の支持は得られないことを今回の堺市長選は示したのではないでしょうか。 
 境市長選の結果については、様々なメディア等が分析を出すでしょうが、それぞれの分析に堺市民の声がどれだけ反映されているかにも注目したいと思っています。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村
プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード