FC2ブログ

喫煙所設置に見る対市民観。

<相模原市役所 市民は屋外喫煙所1カ所なのに 職員は庁内に「たばこ部屋」10カ所>
 今月初旬、東京新聞に読者から匿名で一通の手紙が届いた。「市民には館内禁煙を求めながら、職員は館内の温かいところで吸っている」。相模原市役所の分煙方法への問題点を投げ掛ける訴えがつづられており、どんな実態なのかと担当課に当たった。すると、確かに市民目線では疑問が残る喫煙事情が見えてきた。
 「禁煙」。市役所入り口には、そう書かれた看板があった。受動喫煙防止を目的に、市役所の敷地で市民が利用できる喫煙所は正面入り口から約三十メートル離れた屋外に一カ所だけという。
 一方、手紙では、庁舎内に職員だけ使える「たばこ部屋」があると指摘されていた。市管財課によると、本館に五カ所、第一別館三カ所、第二別館二カ所の計十カ所あるという。(以下略) [2016年11月29日 東京新聞]


 市民目線という言葉はあまり好きじゃありませんが、これはそれ以前の、当たり前の気遣いの問題だと思いますね。

 ウチの市役所の本庁舎も本館と別館に分かれていますが、本館には来客用の喫煙所と職員用の喫煙所が1ヵ所ずつ別館には両者兼用の喫煙所が1ヵ所あります。本館の来客用と別館の来客・職員兼用喫煙所は、それぞれの建物内にありますが、本館の職員用の喫煙所は荷物搬送口のキャノピー部分のに囲いを作って設置されています。つまり建物の外ですね。
 ちなみに、私は現在、出先の事務所勤務ですが、来客・職員兼用で勝手口の外に灰皿が置いてあるだけです。

 こういう喫煙所環境にいるので、相模原市役所の喫煙所環境は、かなり職員に手厚い印象を受けますね。そのわりに来客(市民)に対しては冷たいというか…。(笑)

 先ほどもいったように、こういうことは市民目線云々以前に、来客に対する当たり前の感覚があれば、職員と市民が逆転したような喫煙所の設置の仕方はしてないと思います。
 県条例がどうこうじゃなくて、こういうところから透けて見える相模原市役所の「対市民観」が、ちょっと古いように思いますね。
 

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村
プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード