FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安堵感。

 このブログでは、時々、他のブログの記事を紹介しながら私の考えを述べていますが、私の紹介の仕方も好意的な時と否定的な時があります。

 「ためいき」さんのブログだと本文には好意的ですが、投稿されたコメントには否定的なことが多いですね。
 machineryさんのブログだと、コメントへの意見を述べることはあまりありませんが、本文については好意的にしか紹介していないと思います。ですが、だからといって、今までブログ記事の最後にある「拍手」をクリックしたことはありません。これはmachineryさんのブログだけでなく他のブログに対しても同じです。

 しかし、今回、machineryさんのこの記事を読んで、即、「拍手」をクリックしました。

     <障害者の家族・支援者の思い>

 ネット上を眺めていると、考え不足の極論を平気で主張している人たちばかりが目につくので、こういう常識的な意見を見るとホッとしますね。
 

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

拙ブログに拍手をいただき、さらにご紹介くださりありがとうございました。
本文にも書きました通り、私自身は何か確たる結論を持っているわけではありませんが、同意していただいて心強く感じました。

少なくとも当事者の意向を置き去りにした「べき論」には慎重になる必要があって、今回の事件のように当事者に大きな衝撃を与えた場合は、特に慎重な議論が必要だと思います。それを原理原則論のみで議論することの恐ろしさが、あまり意識されていないように尾もされるのが気にかかりますね。

No title

マシナリ様、コメントありがとうございます。

マシナリ様も言及しておられますが、服部氏が「実名の開示は、どんな人物だったのか、どんなことが起こったのかを検証するのに必要だ」という発言の前段と後段を、裏付けも示さずに簡単に結びつけてしまっている点に、アカデミズムの世界で育った人にありがちな「知性の欠如」を感じます。

上っ面だけの言葉遊びで理屈を組み立てるとこうなるという悪い見本、あるいは、差別や情報公開いった概念を消化しきれなり自家中毒患者といった印象を持ちましたが、この程度の底の浅い主張に流されがちな世論もある中で、マシナリ様の御意見を拝見し、安堵した次第です。

実際のところ、ただの知りたがりが、何とか理屈を付けて自分の欲望を正当化しようとしているだけなんでしょうけどね。

プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。