FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「賃金ロス」としての喫煙時間。

<「勤務中、喫煙減を」 全職員に異例の通知 横浜市>
 勤務時間中の喫煙の是非が議論となっていた横浜市で、市が全職員約4万4千人に対して勤務中の喫煙回数や時間を減らすよう呼び掛ける通知を出していたことが6日、分かった。市民の目を意識した“異例”の通知。市の担当者は「これを機会に喫煙習慣の見直しに努めてほしい」と話している。

 市職員に関して、3月に策定した「からだの健康づくり計画」で掲げた喫煙率の目標は、平均12・2%(男性17・9%、女性3・6%)。しかし、2015年度時点の市長部局で16・7%と依然高い状況にある。

 副市長名で7月22日に出された通知では、勤務中の喫煙について「市民から厳しい目が向けられており、公務員としての自覚ある行動が求められている。(喫煙)時間が長くなれば職務専念義務や業務効率性の面から問題となる可能性もある」と指摘。「健康管理面からも、これまで以上に回数や時間を減らすなど、喫煙習慣の見直しに努めて」と呼び掛けている。

 勤務中の喫煙を巡っては、3月の市会予算特別委員会局別審査で、加納重雄氏(公明党)が製薬会社が公表しているシミュレーションに基づき、市の「賃金ロス」を試算。問診で判明している喫煙者4千人が移動時間を含めて1日35分間を喫煙にあてた場合、賃金換算で年間約15億4千万円となり、19日休んだことに相当すると指摘し、是正を求めていた。(以下省略)  [2016年08月07日 神奈川新聞]


 賃金や勤務時間に換算して追及されると、喫煙者側も反論しづらいと思います。「賃金ロス」だと言われれば、その通りですからね。 
 健康管理云々はあくまで建前で、「賃金ロス」という点を喫煙者はしっかり認識してくれということでしょう。
 それで認識してくれれば楽なんですが、まあ、そう簡単にいかないのが喫煙者というもので、「たばこ税は自治体の重要な収入源だ」てなことを盾に反論しようとするんですね。 
 私も喫煙者なので、そのあたりの心理は痛いほどわかるわけです。(笑)

 それでも、個人的には、今の御時世、勤務時間中は全面禁煙でも仕方ないと思いますし、その程度の自律心を持つことは、イマドキの公務員にとって無理な話ではないでしょう。
 役所側も勇気を持って「全面禁煙!」と宣言すればいいんです。
 まあ、ウチの市役所のように、トップが喫煙者だと難しいかもしれませんが…。(笑)
 

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私の市の某公共施設で勤務されている某職員の方は、敷地内全面禁煙の為、わざわざ徒歩5分の
ショッピングセンターの喫煙所まで通ってます。(笑)
さすがに、名札は外していますがいつ指摘されるか何故か私がヒヤヒヤしてます。(笑)

No title

無記名の方へ、コメントありがとうございます。

>わざわざ徒歩5分のショッピングセンターの喫煙所まで通ってます。

ウチの市役所にも近くの公園まで行って喫ってる職員がいます。
「そこまでする熱意を仕事に生かせ!」ってことなんですけどね。(笑)

No title

 唱和50年代中頃、勤務先が保健所であったこともあり、世に先駆けて「執務室での喫煙禁止」。
 今は禁煙していますが、当時は自他ともに認めるヘビースモーカーであった私が、設けられた喫煙室でたばこを吸おうとしたところ先客あり。
 この先客は地元紙の記者で、世に先駆けて設けられた喫煙室の取材に来たとのこと。
 「一服しているところを写真に撮らせてください」との言葉に、 「仕事をさぼっている証拠写真になるので」と丁重にお断りしたところ。「そりゃーそうですね」と納得してくれて、写真は取られずに済みました。

No title

SUNDAY毎日様、コメントありがとうございます。

ウチには保健所がないので単純に比較できませんが、昭和50年代中頃に執務室禁煙というのは早いですね。

実は今、毎週火曜日にBS11で、渡哲也や石原裕次郎が出ていた「大都会PARTⅡ」が放送されています。
昭和52年のドラマですが、石原裕次郎扮する医者は診察室で煙草を喫うし、入院患者は病室で煙草を喫っています。
もちろん渡哲也や松田優作が扮する刑事は刑事部屋で当たり前のように煙草を喫っています。
ドラマの話とはいえ、当時の世間の喫煙状況はそういうものだったでしょうから、昭和50年代中頃の執務室禁煙というのは(保健所だったとしても)随分先進的だという気がします。

ウチの市役所で執務室が禁煙になったのは、平成10年だったと思います。
平成9年に異動になった課の1年目は執務室で煙草が喫えましたが、確かその翌年から各階に喫煙室が設けられたように記憶しています。
その喫煙室も、今では庁舎全体でひとつ、しかも建物の外なので、厳密にいえば喫煙室ではなく喫煙場所になってしまいました。

煙草ひとつ取っても、時代の流れを感じますね。
プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。