FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見抜けなかったのかなぁ。

<品川の保育園 開園1年で事業者の契約解除 公設民営で問われる質>
 東京都品川区が待機児童解消策として、公設民営で今年四月に開園した認可保育所「区立ひろまち保育園」の保育事業者が、開園からわずか一年で交代する見通しとなったことが分かった。区は、委託している社会福祉法人の運営費の使用方法に、不透明な部分があることを問題視。本来は五年間の契約だったが、来年三月で契約を解除する合意文書を十九日にも法人側と交わす。園は存続するものの、民間委託の保育の質が問われている。(以下省略) [2016年8月18日 東京新聞]


 記事が長いので導入部分だけ引用しましたが、5年契約を1年で解除するというのは余程のことですね。
 そんな事業者だったというのを、どうして選定時に見抜けなかったのかな、と思います。

 品川区のHPを見ると、この保育園の運営事業者選定にあたっては5事業者が応募してきたようです。(コチラ参照) その中でこの事業者が選定された理由を見ると、多くの保育施設を運営している実績が重視されたように思います。

 確かに、この事業者のHPを見ると、兵庫県を中心に、大阪、神奈川、東京、北海道、沖縄で保育施設を運営していますが、品川区での運営実績は無いようです。(このリンク先ページの下の方に運営児童施設の一覧が載っています)

 今は、より良いものを作るために応募対象を区域内の事業者に限定しないのが普通だし、それによって区域外の質の高い事業者の参入を促すわけですが、これは同時に区域外の質の低い事業者の参入も促してしまいます。
 そこで事業者の質を「見抜く」眼が必要になりますが、これがなかなか難しい。
 地元で運営実績のある事業者だったら評判も把握しやすいでしょうが、日頃付き合いのない区域外の事業者では簡単にはいきません。

 だから区域内の事業者に限定しろ、などと単純なことを言うつもりはありませんが、通り一遍で表面的な査定項目から一歩踏み込んだ調査方法を考えなきゃいけないんでしょうね。

 それにしても、記事の中に、ある関係者の言葉として「選考ではよいことばかりを言われうのみにした」とありますが、選考の際に良いことしか言わないのは当たり前の話で、そんなことを悔やまれてもなぁ…というのが正直な感想です。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。