FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の心子知らず。

 部内会議から帰ってきた課長に「今日は何の話だったんですか?」と聞くと、苦笑いしながら「ふるさと納税の話」という答え。
 市長から部長連中に話があって、それが各部の課長に降りてきたそうです。
 その中味は、というと、要はふるさと納税をもっと集めてこいということでした。

 ふるさと納税については8月にこのブログでこんな記事を書きました。

    <ふるさと納税のプラスマイナス>

 あの時は、ふるさと納税の都道府県ごとの出入額を取り上げましたが、結局、ウチの市はふるさと納税の出入額の差が5倍ほどあるようなんです。
 もちろん、出ていく方が入ってくる方の5倍。(笑)

 もともと、ウチの市長は、ふるさと納税はふるさとを思う気持ちからして貰うものであって、返礼品を餌に集めようとするのはおかしい、という考えだったんですが、「出」が「入」の5倍もある現実と、議会でもそのあたりをチクチク責められることに我慢できなくなったのか、返礼品の数を倍以上に増やすとともに、次のような号令を発したそうです。

 ・市外居住の職員は積極的にふるさと納税でウチの市に納付すること
 ・市内居住の職員は市外に居る親戚等にふるさと納税を積極的に勧めること

 これが今年の初めに「賞品(返礼品)を餌にして税金を集めようというのはふるさと納税の主旨に反している」と言ってたのと同じ人の「号令」かと思いますが、下に付く者としては従わざるを得ないでしょうね。

というわけで、課長からこの話があった後の職員A・B・C3人の会話。


A 「市外から来ている職員は出さなくちゃダメだぞ」

B 「Aさんも市内居住だからって安心しないで、市外に居る親戚に勧めてよ」

A 「ウチは近い親戚はみんな市内だよ」

C 「でも、息子さん、県外で就職したんじゃなかったっけ?」

A 「ああ、神奈川にいるよ」

B 「じゃあ、その息子さんにふるさと納税するように言わないと」

A 「就職して2年目だから、まだ息子にそんな余裕ないよ」

C 「じゃあ、Aさんが現金送ってそれを納税してもらえば?」

B 「そうそう、返礼品の地元産米が届くから息子さんも助かるでしょ」

A 「そんな手間かけるくらいなら、米を直接、息子に送るわい!」


 私は、異動でどんな職場に行っても、必ずそこにはこういう呑気なオジサン達がいるので、退屈しないで済みます。
 といっても、親の心子知らず、ならぬ、市長の心部下知らず、なのは確かなようですね。(笑)


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>市外居住の職員は積極的にふるさと納税でウチの市に納付すること

もちろん公には強制ではないと思いますが、
職場の上司と部下という権力関係がある中で発せられる指示だと思うと
ちょっとグレーな感じがしました。
特殊な職種であるとか合理的な理由がない限り
基本的には職員にも居住地を選ぶ自由がありますし、
居住地のみを理由として寄附を事実上強制してしまってませんかね?
それと、職員が居住する自治体は課税権を持っていますが、
職員本人の意思をすっ飛ばして、その自治体へ少なく納税することを
煽るのもどうなのかなとも思ったり・・・。

No title

あっしゅっしゅ様、コメントありがとうございます。

今回の話は、庁内部局長会議で市長から話があり、それを部長が持ち帰って所管の課長を集め話をし、それを課長が各課に持ち帰って報告したものです。
月に1~2度開かれる庁内部局長会議のたびに、この経路で話が降りてくるんですが、今回のふるさと納税の話は口頭で降りてきた話でした。

おそらく、今回のことを初めに市長が庁内部局長会議で話した時は、もっと緩い言い方(「できればそういうことも考えてみてほしい」等)だったのではないかと思いますが、部長や課長という経路の中にいる人たちの受け取り方次第で、意味合いは変わってきます。
ウチの部長→課長という経路では、強い意志を伴う言葉として受け取られたようです。

もっとも、「居住地のみを理由として寄附を事実上強制」なんてことは、市長の頭に多分無いと思います。そんなところまで考えていないでしょう。
ふるさと納税を市外の人たちにお願いするのなら、まず自分たちが率先してやらなくては…というところから出た言葉だろうと思います。

例えて言うと「お前、日産の車を売ってるんだったら、トヨタの車なんか乗ってるんじゃねーよ!」的な感覚ですかねぇ。
プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。