FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理職はつらいよ。

<福岡・糸島市職員の過労自殺、市に賠償判決>
  福岡県糸島市の男性職員(当時52歳)が過労でうつ病になって自殺したのは市が適切な労働環境の整備を怠ったためだとして、男性の妻ら遺族が市に約7800万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が10日、福岡高裁であった。

 金村敏彦裁判長は市の安全配慮義務違反を認め、請求を棄却した1審・福岡地裁判決を変更し、市に約1650万円の支払いを命じた。

 男性は市農林土木課の担当課長だった2010年6月に自殺。市町村合併に伴う条例制定などの業務に追われ、自殺直前の1か月の時間外勤務は114時間に及んだ。1月の1審判決は、「時間外勤務が100時間を超えたのは自殺前の1か月だけで、業務が過度の負担をしいるものではなかった」などとして、原告の主張を退けた。

 控訴審判決で金村裁判長は「男性は自殺直前、業務が集中し、疲労や心理的負荷が過度に蓄積していたのに、上司が男性の過重業務を認識していなかった」と指摘し、市の安全配慮義務違反を認定。その上で「上司が勤務時間を減らしたり、職務分担を変更したりすれば、自殺を回避することも可能だった」と言及した。[2016年11月10日 読売新聞]


 前にも書きましたが、私も月100時間強の時間外労働を2年間続けたことがあります。しかし、それはヒラ職員の時間外であり、この記事のように課長さんだと責任を最前列で引き受ける立場なので、業務に関するプレッシャーもヒラ職員とは桁が違うと思います。
 そうした負担も鑑みての控訴審判決だったのではないでしょうか。

 なお、自殺した課長さんは管理職なので、当然、時間外手当は支給されませんが、私、以前に、ある課長さんに「管理職手当って、時間外手当に換算すると何時間分ぐらいですか?」と尋ねたことがあります。電卓をしばらく叩いた課長さんから返ってきた答えは「20時間分ぐらいかな」。
 この数字は自治体によって多少の違いはあっても大きく外れている数字だとは思いません。

 20時間分相当の手当で100時間以上の時間外勤務を強いられるって、管理職って大変ですねっていうか、最近なら明らかに「ブラック」な“職種”ですよね。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。