FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッター感。

 もともと、私のブログは、コメントを貰う時もあれば貰わない時もあるというのが通常の営業形態でしたが、よく覗いていたブログの中には、新しい記事がUPされるたびに複数の、それも時には2桁にもなるコメントが投稿されたものが幾つもありました。

 それが、最近では、どこのブログも以前ほどコメントが投稿されなくなったのを見て不思議に思っていたんですが、それはツイッターの普及が原因だと前に聞いたことがあったのを、kこのところ実感しています。

 今まで、あまりツイッターというものに目を通していなかったんですが、前に豊洲市場を取り上げた時に、ある人のツイッターを見てからツイッターで情報収集をするようになりました。
 更にそれ以降、豊洲の問題に限らず、様々な話題についてツイッターをザッピングするようになりました。

 で、こうしてツイッターを見るようになって気付いたのは、昔はブログのコメント欄に投稿されていた曲解された捨てゼリフ的なコメントが、ツイッターとして発信されていることです。というか、捨てゼリフ感はツイッターの方が激しいですけどね。(笑)

 つまり、ああいう曲解捨てゼリフ的なコメントをブログに投稿していた人たちが、それを止めて自らツイッターで発信するようになったんじゃないかということを、最近実感しているわけです。

 例えば、これ↓

<https://twitter.com/CatNewsAgency/status/801295105848147969?lang=ja>

 このCatNaという人が引用している渡辺由佳里という翻訳家の記事には、アメリカの知識層が白人労働者を「白いゴミ」と呼んでいることが紹介されてはいますが、渡辺由佳里氏が彼らを「白いゴミ」と評している箇所はありません。つまりCatNaという人は渡辺由佳里氏の記事の内容を勝手に曲解したうえに傲慢だと非難しているわけです。何たる一人相撲!

 こうやって歪められた話がツイッターというツールを通して拡散されるんだろうなぁ…と思いました。
 そうしたら案の定です。

<https://twitter.com/xcvbnm67890/status/801408303330770944?lang=ja>

 いや、どちらも日付は11月23日なので、実際に先につぶやかれたのかどちらかはわからないんですが、こちらは「白いごみ」に「低学歴の」という“付加価値”が付いている分、後じゃないかなと思います。
 それと、書いてもいないことを書いたと言ってるんだからブロックされるのも当然でしょう。

 まあ、この人たちだけじゃないんですけどね。もっとひどいのもあるし、ツイッターとは適切な距離を保っていったほうがいいようです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。