FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また時間外で自殺です。

<市職員自殺、残業月100時間超…直前の2か月>
 鹿児島県出水いずみ市役所の男性職員が11月上旬に自殺し、直近2か月間の残業時間がいずれも100時間を上回っていたことが分かった。

 市は残業との因果関係について「分からない」とする一方、「恒常的な時間外勤務をなくし、業務改善を図っていく」としている。

 市によると、男性は40歳代で、政策経営部で財政を担当。残業時間は9月が103時間、10月が114時間で、いずれも過労死ラインとされる月80時間を超えていた。9月と10月は財務台帳の整備など業務が集中する期間だった。男性は11月3日、市内で自殺したが、遺書はなかったという。市は男性の自殺後、職場の聞き取り調査を実施した。自殺直前の仕事ぶりは普段と変わらず、パワハラなどの報告もなかったという。 [2016年12月07日 読売新聞]


 このところ、この手の話が官民問わず続きますね。
 今はウチの市役所でも、月80時間以上の時間外勤務が続くと人事課のチェックが入り、産業医の診察を受けることもあるようです。
 前にも書いたように私がそんな生活が2年間続けた時は、そんな気遣いはしてもらえませんでしたが、これも時代ですかねぇ。

 だから今の時代の人は…なんて言うつもりはないですよ。こういう手厚いチェック体制が出来てきたのは良いことだと思っています。

 ただ、最近この手のニュースを読んで思うのは、あの頃の自分や同僚は何故大丈夫だったんだろうか?ということ。
 厳密に言えば、一人は胃潰瘍にはなったし、私も歩いていると知らずに右側に寄って行ってしまうという変な症状が2、3度表れたりはしましたが、自殺を考えるようなことはなかったですね。

 上司かなぁ…。
 当時の私の上司の方々は直接的な言い方はしないけど、言葉の端々から「信頼してる」と「気遣っている」という気持が伝わってきたからかもしれないですね。
 業務量に比べ職員数が少ないのは上司も理解していたし、それが私らが出た後での職員増に繋がったしね。(それはそれで複雑な気持ちですが…)
 机を並べていた同僚も明るかったし、疎外感は無かったなぁ。
 あっ、別にこの記事の職員が疎外されていたというわけじゃないですよ。自分の時のことを振り返っての個人的な感想です。
 
 この新聞記事に話を戻すと、例年9月と10月は業務が集中するとあるので、この職員以外の同僚も同じような時間外勤務をしていたのではないかと思われます。とすると、この時間外勤務は課としては年間スケジュールとして織り込み済みの作業だったはず。それなのに、そこから自殺者が出たということで、業務量を考慮したスケジュールなり人員配置なりを考えざるを得なくなるでしょうね。
 それによって、残った同僚たちが快適な勤務体制になるというのも、うーん、喜んでいいのかどうか…、微妙。


にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。