FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題集中の学校法人について。

 ヘイトな発言と国有地払い下げ問題で話題になっている森友学園ですが、これをあまりマスコミが取り上げていないという声を聞きます。
 で、「ホントかな?」と思い、ちょっと調べてみました。

 各新聞社のHPで「森友学園」をキーワードにサイト内検索すると、毎日、朝日、東京の各紙はいずれも10件以上の記事がヒットしたのに、産経は2件、読売と日経は1件という結果でした。ニュースは次々生まれてくるのであくまで瞬間的な結果ですが、それにしても新聞社によって記事の数が違いすぎますね。良く言えば新聞社の個性、ハッキリ言えば立ち位置を示しているということでしょうか。

 日頃はどちらかというと右寄りの発言をしているのに、森友学園の園長だか副園長だかのヘイトな発言には「さすがに、あれは…」と引き気味になっている人もいます。それだけ
あのヘイト発言はインパクトがあるしネタにもなりやすいんでしょうが、それより、国有地払い下げの問題をキッチリ精査した方がいいと思いますね。
 野党が目先のアピールを意識せず、筋の通った追及をすれば、表に出てくるものは大きいと思うんですけどね。まあ、野党といっても維新は攻める側には回れないかもしれませんが…。

 最後に、地方自治体職員としてひと言。

 あんな学校法人がウチの市に無くて良かったなと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

廃棄物の処理を完璧に実施したか否かは別の問題として、その積算に自信(根拠)があればきちんと説明して、こんな対応にはならないでしょう。
追求の仕方によっては、安倍首相の開き直りがブーメランになって止めをさすことができると思いますが、はてさてどうなることやら?
民進党の議員が問題の学園の調査に行くため無断で国会(予算委員会?)を欠席したという報道もあるようですが、これが事実なら、野党の脇の甘さには愛想が尽きます。

No title

匿名の方、コメントありがとうございます。

民進党議員の予算委員会欠席を真っ先に取り上げたのは産経新聞のようですが、さすがにこの種の援護砲の発射は早いな、と感心しています。(笑)

ただ、与党側にしろ野党側にしろ、この手の攻撃は止めたほうがいいんじゃないかと思いますね。
確か3~4年前に国会の委員会(たぶん予算委員会)を自民党と公明党の与党側委員が欠席したことがありました。無届けだったかどうかは知りませんが、政府提出の予算案の審議を与党側が揃って欠席するというのはかなり非常識な行動だったと思います。

互いに脛に傷持つ身なれば、どのみちブーメランのように我が身に戻ってくるのだから、論点から目を逸らせることが目的のような攻撃はしないで、堂々と本来の論点で戦ってほしいですね。

No title

失礼しました。
先のコメントは私です。
入力を忘れていたのです。
次第に「老人力」がついてきて、こんなことが増えてきました。

No title

SUNDAY毎日様、了解しました。

私も、最近、アレがあれなもので、他人様の「老人力」をどうこう言えなくなっています。
固有名詞より指示代名詞の生活・・・トホホ。

No title

周辺住民に「全て撤去してくれ」と言われてその通りにしたら、それなりの金額にはなるでしょう。というか、こんなものの積算は「やってみないとわからない」としか言いようがないような。いくらボーリングでサンプル取ったところで、限界はありますし。
将来起こるかもしれないリスクを考えれば、問題発生時に売主の責任を問わない条件で大幅値引きするのは不自然ではないと思いますがねえ。
ところで今の時代では考えにくいことですが、昔はけっこうゴミを埋めていたんですよね。一大プロジェクト的な工事の途中でこういうのが出ると、それはもう想像もしたくない面倒なことに…。

No title

SK様、コメントありがとうございます。

値引きした理由とその妥当性については色々な情報が錯綜していて、はっきりしたことはまだこれからなんでしょうが、自民党と維新がバタついているような印象はしますね。
政治家の方には「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」を常に忘れないでほしいんですが、無理なのかなぁ…。
プロフィール

マンマーク

Author:マンマーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。